登入會員 重寄密碼 加入會員
迫水未來的空間
城島ユウキ(清水富美加)が大好き!桜庭ななみが大好き!多部未華子が好き! 夏帆と仲里依紗が好き! SPACE BATTLESHIP ヤマト 時をかける少女`Ver.2010 
︙☰
回上一頁
東北關東大震災,三周年 2014-03-11 22:11:29
西元2011年3月11日14點46分(日本時間),日本沿海的三陸沖(仙台市東方七十公里處)發生了震源深度24公里,芮氏規模9.0的地震。
這一次日本觀測史上最大、人類觀測史上第四大的地震隨後引發的海嘯重創了日本東北地區,以及引發了福島第一核能發電廠的事故。
東日本大震災,最終統計數據:死亡15,881人,失蹤:2,668人,負傷:6,142人。
亡者中超過九成喪命於海嘯。


這是德國航空太空中心DLR的衛星Terra-SAR-X所拍攝提供給日本宇宙航空研究開發機構JAXA照片(兩張重疊合成)。地點是受到海嘯襲擊的仙台市。其中紅色的部分是2010年10月20日所攝,綠色和藍色則是2011年3月11日所攝的照片。日本和德國都有簽屬《太空與重大災害國際憲章》,本張照片正是基於本憲章提供的。


這是JAXA的陸域觀測技術衛星「だいち(大地,Daichi)」(ALOS)在2011年3月13日22時11分左右的觀測結果和過去舊資料重疊合成的結果。一樣,紅色是地震前,藍色和綠色的是地震後。だいち(ALOS)在這一次的災害的觀測中有很大的貢獻。
陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による東日本大震災の緊急観測結果(2)


這是NSPO的福爾摩沙二號衛星(FORMOSAT-2)的觀測結果,當時提供給JAXA。內容是仙台市和名取市的海嘯後災情。
左側是災害發生後的2011年3月12日所照,右側則是2011年1月16日的資料照片。
「フォルモサット・ツー」(FORMOSAT-2)による東日本大震災の緊急観測結果ALOSによる災害観測
以亞太地區為主,藉由太空觀測技術所得災害情報共享網路Sentinel Asia台灣和日本都有參加,本次的照片提供就是透過Sentinel Asia。

三年了,距離那一天的發生轉眼間過了三年。
我永遠不會忘記那一天和那一天之後的相關事情。
當時我雖然正面臨考大學的高三下學期(另外事情發生後不久的3月13日也是我生日),但在那段日子還是每天關注包括NHK網站在內的相關新聞和消息。
當時在電視上看到的海嘯襲擊城市的空拍圖至今仍令我印象深刻。混濁的大海向陸地前進,所到之處都被吞噬。真的只能用「吞噬」來形容,地面上的所有東西都被吃掉了。

三年了,或許在很多人的記憶中已經漸漸淡去了吧。但是,在那些因為這一次災難而失去家園、親人、朋友等的許多人心中,三一一還沒有結束吧。

這三年來的每一任內閣沒有不在強調復興東北的,可是「復興」說了那麼久,成效到底如何呢?確實是有人開始重返家園,許多學校也回到了常軌,但是也有像是氣仙沼女高一樣因為人口減少和這一次災害的關係而導致關閉的學校,也有很多人距離回到家園那一天還是遙遙無期。地震過後三年,還有近27萬人過著避難生活。

たすきプロジェクト-2014年陸前高田の様子-

岩手縣陸前高田市的現在。可以看到距離真正的復興還有很長的一段路。


位於也是災區的相馬市的福島縣立相馬高等學校於2011年9月4日該校文化祭照片。該校學生中有許多人都受到這一次災害嚴重影響,本來該年度的馬陵祭(該校文化祭)因為災情而打算停辦一次,但是在學生們強烈的希望之下還是舉行了,也請來了仙台出身的歌手Rake演唱。
我從中感受到了,不想輸給名為「災害」的現實的強烈心意。
Rake、一通の手紙をきっかけに、被災地高校の文化祭にエール | Rake | BARKS音楽ニュース


兵庫縣的高中生代表們(左)將加油卡交給災區學校的學生代表們(右)。中者為福島縣立盤城高中合唱社的大和田。在拍攝這張照片稍早前這些兵庫縣的學生們與福島縣的學生們進行了大合唱。
地點是須賀川市文化中心,時間是2011年5月14日。
我從中看到了愛與希望,還有Kizuna。
須賀川市文化センターで兵庫県の高校生(左)から激励の色紙を贈られる磐城高校合唱部の大和田さん(中央)など被災地の高校生(右)=14日午後4時50分ごろ | 東日本大震災特報 写真特集 | 福島民報


福島縣的須賀川市是「特攝之神」円谷英二爺爺的故鄉。須賀川市雖然觀測到了六級震度,全市房屋也有17%損壞,但是僅有因灌溉用壩損壞造成的7人死亡1人失蹤。
円谷製作公司成立的ウルトラマン基金至今然然支持著災區的孩子們的現在以及未來,在Youtube上也可以找到很多網友們自主製作的ウルトラマン基金支援MAD。他們確實繼承了ウルトラマン的精神。
ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION - 被災地の子供たちの、今と未来を支援する基金。

NHK在今年也有這一次災難的特別節目。


震災から3年“明日へ”コンサート(震災過後三年,「邁向明天」音樂會)
照片中左者是能年玲奈,她所主演的大人氣晨間連續劇「あまちゃん」在最後也提到了東日本大震災。不管戲裡戲外都投注著希望。
震災から3年“明日へ”コンサート


特集ドラマ「生きたい たすけたい」(特別電視劇 「想要活下去 想要幫助他」)
以真實事件為藍本的NHK特別節目,描述在絕望中仍然矗立的人們與人們的勇氣和想要支持他們的「羈絆」的故事。
特集ドラマ 『生きたい たすけたい』 制作開始のお知らせ | 特集ドラマシリーズ | ドラマトピックスブログ:NHKブログ


最後,以以下的新聞弔念在那場災難中逝去的人們。

震災発生から3年 祈り続く
NHKニュース 2014年3月11日 13時08分

およそ2万人が犠牲となった東日本大震災と、東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から11日で3年になります。
東北の被災地では、雪が舞う冷え込みのなか犠牲者に祈りをささげていました。

慰霊碑前で 気仙沼

宮城県気仙沼市では、避難場所まで津波が押し寄せ多くの住民が犠牲となった高台で、遺族たちが祈りをささげていました。
気仙沼市の杉ノ下地区は、多くの住民が避難した「指定避難場所」の高台まで津波が押し寄せ、地区の住民の3分の1近い93人が犠牲になりました。
11日朝は雪が降るなか、震災後に建てられた慰霊碑の前に、家族や親戚を失った遺族たちが次々に訪れ、手を合わせていました。
兄を亡くした76歳の漁業者の男性は毎日、漁に出る前にこの場所で手を合わせているということで、「3年たって区切りをつけようとしても、やはり思い出します。兄のために、雪が降っても雨が降っても頑張らないと思って漁に出ています」と話していました。

亡くなった同僚を追悼 岩手・大槌町

東日本大震災で多くの職員が犠牲になった岩手県槌町の旧役場庁舎では、町長や職員たちが亡くなった同僚を追悼し、復興を誓いました。
大槌町の中心部は、震災の津波によって壊滅的な被害を受け、町では震災の関連死を含めると853人が亡くなり、431人が行方不明で、合わせた人数は人口の1割近くに上ります。
震災から3年がたった11日は、碇川豊町長と職員30人が、今も壊れたまま残されている旧役場庁舎を訪れました。
碇川町長は庁舎で亡くなった当時の町長や40人の職員の名前を1人1人、読み上げたあと、「『大槌町のことは頼んだよ』とみなさんに背中を押されている思いがする。全国からの応援の職員と地元の職員が一丸となって復興に取り組んでいく」と述べ、町の復興を誓いました。
このあと、職員たちは順番に献花台に花を手向け、亡くなった同僚を悼んでいました。
碇川町長は「震災の記憶を風化させず、後世に語り継いでいきたい。そして、ここに住み続けたいと思えるような町をつくっていきたい」と話していました。
大槌町は11日、追悼を行った旧役場庁舎について、正面玄関を含む中央の建物は保存を検討していますが、町長室があった東側の建物などは来月から解体を始めることにしています。

宮城県庁に記帳と献花 仙台

東日本大震災の発生から3年となる11日、宮城県庁には記帳所と献花台が設けられ、午前中から多くの人たちが訪れて花を供えるなどして震災で犠牲になった人たちを悼んでいます。
宮城県庁には、11日午前9時から記帳所と献花台が設けられ、多くの人たちが訪れています。
訪れた人たちは記帳をしたあと、献花台に白い菊の花をささげて祭壇に手を合わせ、震災で犠牲になった人たちを悼んでいました。
仙台市の62歳の男性は、「震災が起きた直後は大変で自分の生活で精いっぱいでしたが、3年が経過して、今の時代にこんなに大きな被害があったということを実感しています。ただ、手を合わせたいという気持ちです」と話していました。
また、北海道石狩市から来た59歳の男性は、「亡くなられた方の魂が安らかにあってほしいです。一日も早い復興を願っています」と話していました。
宮城県では、仙台市にある県庁のほか、宮城県大河原町の大河原合同庁舎と宮城県大崎市の大崎合同庁舎、それに東京事務所と大阪事務所にも記帳所と献花台を設けて11日午後5時まで開設しています。

亡くなった家族5人に毎朝コーヒー 気仙沼

宮城県気仙沼市では、津波で妻や子どもら家族5人を失った男性が、震災から3年の11日朝も遺影に向かいました。
気仙沼市上田中の仮設住宅で暮らす白幡守さん(69)は、津波から車で避難しようとした妻の南津子さん(当時60)、長男の健治さん(当時36)、次女の久美さん(当時33)、孫の天芯くんと(当時2)、藍丸くん(当時4か月)の家族5人を失いました。
白幡さんは津波から家族を守れなかった後悔を抱えながら、毎朝、家族が好きだったコーヒーを欠かすことなく供えてきました。
11日朝も6時過ぎに起きるといつもと同じように温かいコーヒーを5人の遺影の前に供え、線香をあげて静かに手を合わせました。
白幡さんは「3年間は本当にあっという間だった。何年たっても家族を失った現実は変わらず、生きていくのがつらい。今でも震災が夢であって、亡くなった5人が生き返ってこないかなと考えてしまう」と話していました。

自宅跡で亡くなった家族を供養 北茨城

東日本大震災が起きてから11日で3年になり、津波で5人が亡くなり1人が行方不明となっている茨城県北茨城市では、遺族が自宅があった場所を訪れて、亡くなった家族を供養しました。
北茨城市平潟町に住んでいた渡辺修さんは、父親の正雄さん(当時67)を津波で亡くしました。
震災からちょうど3年となる11日は、午前中、母親の春代さんとともに、当時暮らしていた店舗を兼ねた自宅の跡地を訪れました。
渡辺さんと春代さんは、正雄さんと一緒に津波にのまれながらも何とか助かり、正雄さんと最後にことばを交わしたという堤防の前に花束を手向けました。
そして、解体された自宅の跡で、時折、涙を拭いながら、家族で過ごした日々をしのんでいました。
渡辺さんはこの3年間、アパートや団地で避難生活を続けてきましたが、今月末、国の制度に基づく高台移転で、災害公営住宅に引っ越すことにしています。
渡辺さんは、「『ことしも来られたよ』と父に手を合わせました。ここに来ると、今までのつらいことがよみがえってきますが、あすからは、新しい1歩を踏み出していきたいなと思います」と話していました。
また、春代さんは、「3月11日という日を迎えると、つらい記憶がよみがえって心が揺らぎます。3年たって、少しづつ夫の思い出とも向き合えるようになり、きょうは『今までありがとう』という気持ちを伝えました」と話していました。

“鎮魂”の魚市場 石巻

東日本大震災の発生から3年となる11日、津波や地盤沈下で大きな被害を受けた宮城県石巻市の石巻漁港では、宮城県が今年から3月11日を「みやぎ鎮魂の日」と定めたのに合わせて魚市場も休みとなり静かな朝を迎えました。
石巻市の石巻魚市場は、震災の津波や地盤沈下で大きな被害を受け、現在は仮設の荷さばき場で魚を取り扱っていますが、去年1年間の水揚げ量は震災前の67%にとどまっています。
震災の発生から3年になる11日は、県の条例で定められた「みやぎ鎮魂の日」のため、11日朝の競りは休みになり、魚市場に人の姿はありませんでした。
荷さばき場の隣では魚市場の再建工事が進められ、全体の完成は来年の夏ごろになるということです。
石巻魚市場の須能邦雄社長は、「早いような遅いような3年間でしたが、魚市場の再建工事も着々と進んでいるので、前向きな気持ちを抱いています。水産会社は、復旧の進捗(しんちょく)具合によってそれぞれの課題を抱えているが、全員の力を合わせて復興を成し遂げたい」と話し、決意を新たにしていました。

三陸鉄道歩き震災見つめる 釜石

震災の直後、家族の安否確認などのために多くの人が歩いた岩手県沿岸部の三陸鉄道の線路を歩き、震災について見つめ直そうという催しが釜石市で開かれました。
岩手県沿岸部の第三セクター「三陸鉄道」は、来月、北リアス線と南リアス線の全線で運転を再開します。
11日は、全線復旧を前に震災について見つめ直そうと、当時、実際に線路を歩いた人などおよそ60人が、釜石市の唐丹町周辺のトンネルを含む線路1.3キロを歩いて往復しました。
海沿いに集落が点在する釜石市では震災の直後、がれきなどで通れなくなった道路の代わりに多くの人たちが三陸鉄道の線路を歩いて移動し、家族を探しにいったり避難したりしました。
参加した人たちは線路に敷き詰められた石に足を取られながらも懸命に歩き、津波で流され現在は再建された橋の上で、被災当時の状況を三陸鉄道の職員から聞いていました。
震災の直後、父親を探しに線路を歩いたという釜石市の伊藤聡さんは「あの時は家族と一生別れることになるかもしれないと覚悟を決めてトンネルを歩いたことを思い出しました。あっという間の3年でしたがトンネルの先の光に向かっていくように、この町も復興に向かっていけばといいと思います」と話していました。

帰還目指して除染作業 福島・大熊町

原発事故の影響で今もすべての住民が町外で避難生活を送る福島県大熊町では、11日も朝から作業員たちが除染作業に当たっています。
福島県大熊町は、原発事故の影響で3年たった今もおよそ1万1000人のすべての住民が町外での避難生活を余儀なくされています。
住民が住んでいた大部分の地域は放射線量が高く、長期にわたって帰ることが難しい帰還困難区域に指定されていますが、住民の帰還を目指すため、町は1年以上にわたってそれ以外の地域の除染作業を進めています。
11日は、居住制限区域に指定されている大川原地区で、およそ800人の作業員が朝礼を行ったあと、それぞれの作業場に向かいました。
防護服を着た作業員たちは、住宅の屋根の瓦を布で拭いたり、庭の土の表面を削り取って袋に詰めたりしていました。
また、除染が終わったあとの水田に町外から運んだ土をかぶせる作業も行われていました。
町は帰還困難区域以外の地域の除染を終え、平成29年度までに大川原地区に復興の拠点となる住宅などを整備したいとしています。
大熊町から福島県いわき市に避難し、除染を請け負う会社を営む塚本泰英さんは、「ふるさとを必ず復興させるという思いで作業に当たっています。まだ除染ができるのは町の一部なので、ゆくゆくは町全体で除染を行い、町民が自由に立ち入れる環境を取り戻したい」と話しています。


僅附今天日本政府舉行的追弔式中今上天皇陛下的發言。。在三一一中天皇陛下給了許多人希望,見到陛下的行動後在下更加敬佩了。

本日、東日本大震災から3周年を迎え、ここに一同と共に、震災によって失われた人々とその遺族に対し、改めて深く哀悼の意を表します。

 3年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波は、2万人を超す死者、行方不明者を生じました。今なお多くの被災者が、被災地で、また、避難先で、困難な暮らしを続けています。さらにこの震災により、原子力発電所の事故が発生し、放射能汚染地域の立ち入りが制限されているため、多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています。いまだに自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと心が痛みます。

 この3年間、被災地においては、人々が厳しい状況の中、お互いの絆を大切にしつつ、幾多の困難を乗り越え、復興に向けて懸命に努力を続けてきました。また、国内外の人々がこうした努力を支援するため、引き続き様々な形で尽力していることを心強く思っています。

 被災した人々の上には、今も様々な苦労があることと察しています。この人々の健康が守られ、どうか希望を失うことなくこれからを過ごしていかれるよう、長きにわたって国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います。そして、この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え、防災に対する心掛けを育み、安全な国土を築くことを目指して進んでいくことを期待しています。

 被災地に一日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い、御霊みたまへの追悼の言葉といたします。



東日本大震災追悼式での天皇陛下のお言葉 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


看完以上的相關資料之後,確實是令人有些哽咽。除了感到哀痛之外,也被感動了。

願,早日復興。
雖然返途漫漫,但是希望各位不要輸給了天災,大家與你們同在。
希望相馬高中的學生們、在須賀川市文化中心合唱的福島縣學生們等等許許多多的人們即使遭遇不幸也努力向前的姿態能讓各位心中的希望和勇氣不滅。

當時的總理大臣菅直人在2011年4月11日發表了一篇名為「厚重情誼 (Kizuna)」的文章,我電腦中還有當初從交流協會下載下來的中文版,其中有一段話寫到:
「日本一定會重生、會再起、會成為更美好的國家。我認為唯有積極邁向新生之路才是日本應有的責任及義務,而且是對給予我們溫馨激勵及表達患難與共之情的國際社會的最好的答謝之禮。我也堅信,在國民竭盡全力及國際社會的熱誠協助下,我們一定會做到。屆時,我們定將會以國際貢獻的形式對世界各地人士所給予的溫暖相援予以回報。我一定會不負眾望,為重建大業全力以赴。」
雖然我們都知道菅直人政權最後的下場如何,之後的自民政府到底做了什麼也不難查到(至於現在的安倍政權更熱衷於什麼相信不用我多提)。不過,我倒是衷心希望這一段話的內容能夠早日成真。

我想繼續不斷寫下去,在明年、後年、五年後、十年後的三一一這一天都持續記錄著,我不想忘記或忽略這一天與對許多人來說這一天尚未結束的事實。



-其他相關連接-
陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)がとらえた被災地の観測画像(衛星写真)がご覧いただけます。|最新情報一覧|だいち(ALOS)|人工衛星プロジェクト|人工衛星を開発するJAXA第一衛星利用ミッション本部
震災から3年、今も27万人が避難生活 : J-CASTニュース
「皆が心を一つに」大震災追悼式で天皇陛下 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

※關於關去的相關紀錄,請參閱本人的部落。
回上一頁   179人說讚 讚一個   關聯:   人氣:2383   回覆:0 *   編輯 關聯 刪除
留 言
暫無留言,歡迎留言.
留言
  • 請勿負面批評網友留言、藝人、長相。
  • 笑臉 笑臉2 YA 爆笑 笑到並軌 羨慕 冷靜 無感 竊喜 臉紅 疑問 冒冷汗 三條線 保密 驚訝 拋媚眼 失落 大哭 迷茫 生氣 敲打指責 睡著 滑稽 親親 慶祝
    貼連結 |